どぅんどぅんどぅんば

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

きりんさん

またもや寝不足生活がはじまってしまった・・・。
暇なのもいやだけど、こうやることが多いと無意味にイライラしたり。


そんな中、この間OMU☆CHAで歌わせてもらった
「森の保育園のキャンプ!inつくば」(勝手に命名)


メンバーみんな書いてるけど、ほんと楽しかったし癒された!
やっぱ子供はいいなぁ。
ってかあんま子供に好かれる自信がなかったけど、
意外に仲良くしてもらえたことに感動!!(笑)


そしてぼくはなぜか「きりんさん」って名づけられました。


アカペラ自体がおもしろかったみたいだけど、
ぼくの出す音「ぼんぼぼん」にも興味が出たらしく、


「ほんとに一人でやってんの?」←ちょっと優越感
とか
「パパもあの声だしてみてよ」←ちょっと優越感
とか
なんか知らんがきりんさん大フィーバー?!(そうでもない)


とにかくちびっこの反応を見て、
自分たちのやってることがおもしろいことなんだって再認識。
なんかアカペラが身近になりすぎて麻痺してたとこあるなぁ。反省。


ちびっこはやっぱ純粋だ。
家族の幸せ、大事な人と一緒にいられることの喜び。
なんか自分に欠けてるパーツをたくさん見た気がしたな。
どっかの熱血テナーが涙するのもわかります。



みんなが書いた願いがかなうといいな。
[PR]
by koutadunb | 2007-09-27 00:57

ありがとうございました!

15日は「おむちゃ箱Vol2」にお越しいただきありがとうございました~!


いやぁ、ほんとたくさんのお客にきていただいて、うれしいかぎりです!


でもライブハウスの定員いっぱいいっぱいで窮屈な思いをさせてしまいすいませんでした!
中にはあまり演奏する姿が見えなかったお客さんもいらっしゃったんじゃないでしょうか?
いろいろ反省です・・・。


次回はもう少し余裕を持ってライブを楽しんでもらえるような作戦を考えるので、
またぜひ遊びにきてもらえればと思います!


しかし、今回は新しいこころみがたくさんあって、
不安もあったんだけど、楽しんでもらえてよかったなぁ。
Villy隊長ナイスファイトでした。
U1姉さんは続編期待したいところです。


来週は保育園児とキャンプファイヤーだ!
楽しみだ~!


ってか6時?ありゃー寝ないと。
[PR]
by koutadunb | 2007-09-17 06:00

ふたたび事件??

前回の事件(といっても何もなかったけど)から約一週間、

あいかわらず夜中2時を歩いて帰ってると、
うちの近くでおまわりさんが二人、
片方がトランシーバーで何かあわただしくやりとりしてる。

事件??

と思いつつおもわりさんが照らす懐中電灯の先を見るとそこには・・・


へび!!


ありゃりゃ、どっかのペットちゃんが逃げ出したようで・・・。

ちゃんと面倒見てくださいよー。

うちの近所、変な人が多いのかと不安になる瞬間です。
[PR]
by koutadunb | 2007-09-11 03:38

事件??

毎度なにかしらで帰りが遅いわけですが、
今日もちょこっと会社に寄って帰ったら深夜2時。
会社の寮は民家が多いとこにあるんで、この時間になったら怖いくらい静かです。


明日はU1のうちで駅弁のボイパレコーディングだー
と思いつつ、寮の玄関のポストをパカっと空けて、
チラシがたくさん詰まってるのを確認してそのまま閉める(よくない)。


さて、部屋に行くかって、ピッポッパっと暗証番号をうってると、
外からこっちに向かってダッシュで人が走ってくる音が。
この時間じゃありえない音なもんだから、おっかなくてふりかえる返ると、
女の人がかけよってくる姿が。


どーしたお姉さん?そんなにあわてて。ここは男子寮だぞ?
「あの・・・ここ、通りぬけられますか?男の人が・・・」
と、外を気にしてる様子。


わわ、何かよくわかないけど、人に追われてる風だ!
格好はどう見てもパジャマ(死語?)だし、
この辺の人?なのか?
僕の妄想によると、
コンビニ行って戻ろうとしたら不審者に追われた・・・感じか?


どうしよう・・・って顔してるし、
ほっとくわけにもいかず、


「・・・家まで送りましょうか?」とかっこつけてみる。いや、われながらかっこいい。


お姉さん、ちょっと安心した感じ。


しかしなぁ、かっこつけたはいいものの。
このお姉さんってば人選が悪すぎだ。

ひょろひょろ肋骨星人はほんと弱いぞ?
口ゲンカならたしなむ程度なら少々・・・。


まぁ最悪変なやつが現れたら低い声でどなるか泣きわめくかでなんとかなるだろうし、
むこうが一人でもこっちは二人だ!←違


なんて思いながらゆっくり慎重にボディーガード気取りで歩くわけです。


まぁ、なんてこたぁない距離進んだところで、
「この辺まで来れば大丈夫です、ありがとうございます」

とお姉さんに別れをつげられる。


ありゃ、家まで送ってもよかったけど、
大丈夫っていうのに無理しておしかけるのも変だしなぁ。

と、帰る姿を見送る。
まぁ。あの格好ならほんと家近いんだろうな。
一応ミッション達成・・・かな?何事もなくてよかった。


なんか心理学で男女で危険な状況を共に経験すると、
精神的緊張を恋と錯覚するらしいっつのはほんとかうそか。
いや、まったく今回の件とはつながらないですが、
せめて近所におちゃめなナイスガイがいたと思ってくれたらうれしいわけで・・・
いや、われながらけっこうかっこよかったんだけどなぁ(しつこいか)。


さぁ、今日もイカを数えて眠ろっと。
[PR]
by koutadunb | 2007-09-02 04:11


アカペラグループOMU☆CHA低音担当こーたの日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30